フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

祖母と餅つき。

昨年末の話になりますが、、。

三重のクリスマスメニューの仕事を終えて長野に直ぐに帰り、実家で祖母に教わりながら餅つきをしました。

うちは親戚に送る分もあるので、少し早めに餅作りにかかります。この日は26日。29日は9(苦)のつく日なので、作りません。
量が多いので機械つきです。
前日から米は水に浸して準備しておきます。

f:id:monsieur0204:20140114000224j:plain

これを機械に入れて蒸します。

f:id:monsieur0204:20140114000312j:plain

蒸しあがったら、ついていきます。(機械つきなので、ボタンを変えるだけです。)

f:id:monsieur0204:20140114000436j:plain

餅を入れる型を準備して、つきあがった餅を入れて平らにのします。

f:id:monsieur0204:20140114000553j:plain

手袋に水を付けながら手早く。

f:id:monsieur0204:20140114000654j:plain

これを切り分けていきます。

今度はお供え用の鏡餅作り。

f:id:monsieur0204:20140114000744j:plain

のし台に出して、熱いうちに切り出して成形して行きます。

f:id:monsieur0204:20140114000929j:plain

1番大きな物は天照大御神様に。次はいつも僕のワインを管理してくださる土蔵の神様にですか、、。
パンの要領で丸めましたが、意外と上手くいきましたね。

今年は祖母に教わりましたので、来年は自分で作ってみたいと思います。