フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

葡萄の収穫に北海道へ。

ワイン葡萄の収穫体験をする為に北海道に行ってきました。

軽井沢の仕事の都合で長野の収穫には行けませんでしたが、長野の収穫が終わる10月中旬から北海道の収穫が始まるので参加できるように頼んでいました。
松本から飛行機で行く方法もありましたが、北海道と新潟のワイナリーを回るのに自分の車があった方が便利なのと予算の関係から新潟港からフェリーで行きました。

f:id:monsieur0204:20131029173030j:plain

新潟港のフェリーに9時半に乗り込まないといけないので早朝5時に余裕を持って出発。早朝の眠気と闘いながら何とか時間前に到着。フェリーに車を乗せました。

f:id:monsieur0204:20131029173254j:plain

この日の天気は曇りで景色はイマイチでしたが、長野出身の自分としては海を見るだけで嬉しいわけで、、。

f:id:monsieur0204:20131029173707j:plain

昼間から日本海を眺めながらお風呂に入りましたが、船の揺れで湯船も揺れるのでまた面白かったです。

一番安いプランで申し込んだので雑魚寝でしたが、シーズン中ではないのでほぼ貸し切り。こういうお金のない旅は寝袋とリュックを担いでバックパッカーで海外を旅していたのであまり苦ではないですし、むしろ楽しくもあります。お金をかけた旅はこれから出来るでしょうしね。

本を読んだり、映画を観たりしながら時間を潰して北海道の小樽港に着いたのは次の日の午前4時。そのまま港の食堂で朝食を取りました。

f:id:monsieur0204:20131029174432j:plain

(お腹空き過ぎていて、写真を撮る前に混ぜてしまいました、、。)

市場も回って帰りに買うお土産を物色。
生筋子が綺麗だったですね。イクラ仕込みたい、、。

f:id:monsieur0204:20131029174709j:plain

時間を見計らって今回の案内人と合流してワイナリーのある余市に向かいました。