フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

軽井沢アート・コントラーダを見学。

先日、軽井沢の離山公園「雨宮邸」で開かれた「軽井沢アート・コントラーダ」に行ってきました。

f:id:monsieur0204:20131019013235j:plain

フランス料理のお皿というとベルナルドなどが有名ですが、フランスや東京ならともかく軽井沢で同じお皿を使う必要があるのかといつも思っていました。

幸い信州は軽井沢をはじめとした別荘地が多く、創作活動をされる作家さんが数多くいらっしゃるので、積極的に接点を持てる努力はしています。軽井沢アート・コントラーダは軽井沢の創作活動を行う美術系アーティストの紹介を目的とした団体です。

f:id:monsieur0204:20131019014006j:plain

f:id:monsieur0204:20131019014030j:plain

f:id:monsieur0204:20131019014057j:plain

個人的に家具なんかも好きなのでいくつか。

f:id:monsieur0204:20131019014129j:plain

f:id:monsieur0204:20131019014157j:plain

邸内で主催者の方と話す機会が持てました。
出来れば自分と同年代で料理観に合う作家さんに会いたいと思っているのですが、なかなか見つかりません、、。今回、主催者の方には料理観の合いそうなお皿が置いてある雑貨店と(話違いますが)地元の野菜名人を紹介して頂きました。
時間を見つけて行ってみたいと思います。

信州の風土を感じるお皿に信州食材の料理を盛って信州ワイン、、。実現できるように頑張りたいですね。