フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

若いヘルプの送別会。

先日の事ですが、夏の繁忙期の間だけ東京からヘルプに来ていた若い子の送別会を行いました。

夏の軽井沢の厨房はとても忙しいのですが、彼は毎日朝から晩までしっかり仕事をこなしてくれました。
仕込み中は自分とよく話したのですが、その影響からかワインに興味を持ち始めていました。
せっかく興味を持ち出した訳ですし、もっと好きになれるようなワインを送別会に出してあげようと前日の夜にウチの蔵を物色。結局、このワインに落ち着きました。

f:id:monsieur0204:20130911235352j:plain

「Meursault 2009」(Coche-Dury)


彼がこの仕事を始めた2009年のワインを選びました。ワインが熟成して成長していくように、もっと素敵な料理人になって貰いたいと願いを込めて。何年後かにまた同じワインを飲めて語れたらな、、と思います。

送別会も休みの無い繁忙期の終わり頃に開かれたので、夜の営業後に行われました。それでも皆で忙しい中でも料理を作りました。

f:id:monsieur0204:20130911235832j:plain

研修生のアルバイトの子も一生懸命ソースの点を打ってくれました。

f:id:monsieur0204:20130911235952j:plain

一本だけでは皆で飲むのに足りなかったので、僕からもう一本を追加融資。

f:id:monsieur0204:20130912000332j:plain

「Monthelie 2008」(Comtes Lafon)

ワインとの相性も語りながら、楽しい送別会になりました。
東京のレストランに帰っても頑張れk君‼

f:id:monsieur0204:20130912000703j:plain