フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

戦場のワイン。

近所の戦場ジャーナリストの方が、ご自身で訪れた先で購入したワインを飲む会があったので参加してきました。

 

地元でいつもワイン会を行っているお店で集合しました。

今回は「アラブの春」取材の際の4種類のワイン。


f:id:monsieur0204:20130723225912j:plain 


国はチュニジア、ヨルダン、ギリシャ(難民が多いらしいです。)、トルコ(今回は変更でスペイン)ですが、普段馴染みのない国のワインで興味深かったです。

純粋にワインを楽しみ会なので、戦争の話は無し。

しかし戦争で混乱した中でもこうして作られている訳ですから、ワインの素晴らしさを再認識しました。

ワインは決まっていたので、邪魔にならないように僕はデザートワインを持参しました。

 

f:id:monsieur0204:20130723225938j:plain


「SUL Q...」(J.F Ganevat)

 

ガヌヴァのヴァン・ド・パイユ。最後に甘口ワインという事で、、。

久しぶりにフランス語も話せて、すごく楽しいワイン会でした。