フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

軽井沢の別荘で出張料理(その2)

前回の続きです。

この近辺は日本一海から遠い町なので、魚は朝一で車で買い付けに行ってきました。ちょうど平目があったので、それを地元の野菜と合わせて魚料理として提供しました。

f:id:monsieur0204:20130521000430j:plain

その際に綺麗な天然仕立ての鮎があったので、これも購入。

f:id:monsieur0204:20130521000533j:plain

長野では千曲川の鮎が有名ですが、まだ時期的に早いのでこれは岐阜産です。
これを地元のブランド米「五郎兵衛米」と合わせてリゾットにしました。玉ねぎやチーズは鮎の香りの邪魔になるので省きました。(要は雑炊⁉)

鶏は「福味鶏」
信州の地鶏では信州黄金シャモや真田丸が有名ですが、此れらはシャモ系で肉質が固めなので福味鶏にしました。

f:id:monsieur0204:20130521001046j:plain

最後は「信州黒豚」
先日、採った山葵の若葉と擦って合わせた山葵マヨネーズを添えました。ソースは生ハムのジュです。

肉2品には別皿で先日親戚の家近辺で採ってきたクレソンを付けました。

f:id:monsieur0204:20130521001429j:plain

食後酒には実家のプルーンの果実酒。(写真は昨年の秋に撮った7年物と昨年漬けた物。)

f:id:monsieur0204:20130521001613j:plain

ワインはこのような感じですね。

慣れないキッチンで悪戦苦闘でしたが、喜んで頂けて良かったと思います。