フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

地元生産者とワイン会。

昨晩はいつもの佐久穂町の野菜生産者宅でワイン会を行いました。

今年最初のワイン会は埼玉の生産者も加えて4人で行いました。

まずは泡で乾杯。

f:id:monsieur0204:20130412221835j:plain

「Obuse Spakling H」(Domaine Sogga)

次に今夜のメイン。

f:id:monsieur0204:20130412221910j:plain

「Meursault Les Narvaux 1999」(Domaine d'Auvenay)

久しぶりにルロワの白を飲みましたが、やはり別格、、。手持ちは少ないですが、こうして地元の生産者に喜んでもらえて良かったと思います。

f:id:monsieur0204:20130412221932j:plain

食事は青森から届いたベビーホタテと独活。

f:id:monsieur0204:20130412221947j:plain

茶碗蒸しに蕪のクリーム。

赤はメインの信州牛(写真を撮るのを忘れました、、。)に合わせてカベルネ・ソーヴィニョンを。

f:id:monsieur0204:20130412222009j:plain

「Cabernet Sauvignon Private Reserve 2010」(Kidoワイナリー)

「Chateau Pontet-Canet 1979」

城戸さんのプライベート・リザーブのカベルネ・ソーヴィニョン。僕がイメージするカベルネではなかったですが、今までに無い新しいカベルネの味わいに感激してしまいました。
埼玉の生産者の方が持ち込んでくれた、近年評価が高まっているポンテ・カネ。79年は僕の生まれ年です。
色合いも味わいも予想していた以上に若かったですね。

f:id:monsieur0204:20130412222030j:plain

やはりワインは一緒に飲んで楽しい人達と飲まないとダメですね。次のワイン会も楽しみです。

f:id:monsieur0204:20130412222050j:plain