フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

ロティスリーレストロリン+8で食事。

松本市の「ロティスリーレストロリン+8」に食事に行ってきました。

 
昨年、上田市から松本市に移転した、信州を代表するニクヤキスト小林シェフのお店です。
 
カウンターに座って、シェフと話しながらの食事。
 
f:id:monsieur0204:20130410231826j:plain
 
前菜は「信州サーモンのマリネ」
 
一概に信州サーモンと言っても、産地でだいぶ味わいが違うそうです。各産地の特徴を教えて頂きました。
 
魚は「スズキ」、肉は「三元豚」
 
f:id:monsieur0204:20130410231859j:plain
 
f:id:monsieur0204:20130410231916j:plain
 
肉厚過ぎます、、。
ガッツリ肉が食べたいならやはりここですね、、。
ちなみにこちらはランチのサイズで、夜はもっと大きな塊肉も食べれます。

 
f:id:monsieur0204:20130410231940j:plain
 
肉の後はさっぱり日向夏のデザートを頂いてカフェ。どれも美味しくて大満足。
 
今回もお店、料理、ワイン、食材についてお話を聞いて、大変勉強になりました。勉強家の小林シェフから吸収する事は多いです、、。
勉強の為にもまた寄らせて頂きます‼
(次は夏前だな、、。)