読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Domaine des Comtes Lafonを訪問。

フランスのドメーヌ。 フランス旅行。

ボーヌ最終日は2件のドメーヌを訪問しました。

 

1件目は「Domaine des Comtes  Lafon」

 

僕がワインを好きになったきっかけをくれた思い出深いドメーヌです。

その時のワインは以前にも書いたこのワイン。

 

 

「Montrachet 1992」(Domaine des Comtes Lafon)

 

ちょっと信じられないような味わいでした、、。

1時間後2時間後の変化はそれは凄まじかったです。(最後はキャラメルみたいでした。表現おかしいかもしれませんが、これ本当です、、。)

DRCのモンラッシェもドーヴネのシュバリエ・モンラッシェもコシュ・デュリのコルトン・シャルルマーニュも素晴らしかったけど、僕の中ではこれが1番です!!



f:id:monsieur0204:20130316013910j:plain 


憧れのドメーヌ、案内してくださったのは醸造長のステファン氏。

 

f:id:monsieur0204:20130316013959j:plain


2012年の樽が納められた新しいカーヴを見学してから2011年を試飲。


f:id:monsieur0204:20130316014040j:plain


先ずはヴォルネイの村名からプルミエ・クリュを樽試飲。

 

f:id:monsieur0204:20130316014107j:plain


マコン3種とムルソーとクロ・ド・ラ・バール。ラフォンのムルソーとクロ・ド・ラ・バールがペットボトルに入っています、、。(写真、うまく撮れませんでした、、。)

 

f:id:monsieur0204:20130316014438j:plain


再び樽からグート・ドール、シャルムを試飲した後はモンラッシェ!


 f:id:monsieur0204:20130316014242j:plain


この気品に満ちた味わいはまさしくモンラッシェ!!樽試飲のこの段階でプルミエ・クリュとは全く別物。あまりの違いに正直ビックリしました。(グート・ドールやシャルムも素晴らしいんですけどね。)

ちなみに2011年のモンラッシェは5樽だそうです。(これは買いたいな、、。)

 

f:id:monsieur0204:20130316014409j:plain


試飲を終えて上に上がるとそこには当主のドミニク・ラフォン氏が、、。

記念に一緒に写真まで撮って頂いて、最高の思い出になったドメーヌ訪問でした!!