フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

Garanceで食事。

パリ初日の夜はアンヴァリッドの「Garance」に行ってきました。

昨年末にArpege出身者が始めたお店です。(パトロンは日本人??)

 

1階はオープンキッチンでカウンター、ネオビストロ的な雰囲気で、2階は個室もありガストロ的な雰囲気です。

この日は友人ソムリエと行ったのでカウンターで食事をしました。

頼んだのはムニュ・デギュスタション(お任せ)。

値段もArpegeの1/4程度ですから、凄くお得感があります。

 

始めに鴨の生ハムとブリオッシュ。

 

前菜が雌鹿のタルタル、ベトラーヴ。

 

メインは乳飲み仔羊、魚と肉には野菜の付け合わせが付きます。

 

デザートも含めて8品。火入れも繊細ですごく美味しかったです。

 

カウンター席だったのでシェフ自ら1つ1つ丁寧に説明して頂きましたし、サービスもビストロ的な気さくな対応ですごく楽しめました。

 

次回、ワインも書いていこうと思います。