フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ワイン回収。

パリ初日はフランス時代から馴染みのワイン屋さんに頼んでいたワインの回収をしてきました。

久しぶりの再会に話も弾みました。

所々フランス語を忘れてしまって、1年のブランクはデカいと思いましたけどね。

ここでは3本回収。

 

 

「Chablis Grand cru Clos 2010」(Domaine F.Raveneau)

「Les carelles」

「Sous le Mont」(Jacques Selosse)

 

ラヴノーのレ・クロ、しかも出荷本数が極端に少ない2010年!!

10年間の飾りワイン決定ですけどね。

日本でも人気が高いジャック・セロスのリュー・ディシリーズの新作「Sous le mont」

いくら馴染みといってもすでに日本に帰国しているのに、こんな希少なワインを取って置いてくれるわけですから本当に感謝です。

 

2件目には「Vin de Liqueur」(Pierre Overnoy)を回収しに行きました。

パリ時代にたまたま見つけたオヴェルノワのリキュール。おそらく非売品、、。

今回、店主と話して裏にも持っていなかった訳ですが、話していて楽しかったのかパリの知り合いワイン屋に片っ端から電話をしてくれました。

何件か電話して頂いて1本だけ確保。

このワインはパリ時代からすごく好きだったので、嬉しかったですね。

 

 

他も計8件のワイン屋も回って、初日の目的のワインを購入できました。

昼間はワイン屋巡りでサンドウィッチを片手に歩いて移動するくらいでしたが、夜はワイン屋も閉まるのでレストランを予約。

次回、レストランを書いていこうと思います。