読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

フランスのドメーヌ。

ニュイのドメーヌ訪問。

Côte de Nuitsのドメーヌ訪問をしてきました。 今回は3軒を訪問してきました。 先ずはモレ・サン・ドニの「Domaine Dujac」から。 少し早く着いてしまいましたが、ドメーヌ側の計らいで応接間に通して頂きました。 外が凄く寒かったので、助かりました、、。…

Domaine Emmanuel Rougetを訪問。

ブルゴーニュ2日目は2軒のドメーヌ訪問しました。2軒目は「Domaine Emmanuel Rouget」ブルゴーニュワインの神様アンリ・ジャイエの甥にあたり、ジャイエ引退後はその大部分の畑を引き継ぎます。クロ・パラントゥの畑はあまりにも有名。知らなかったのですが…

Domaine Fourrierを訪問。

ブルゴーニュ2日目はこちらの2軒のドメーヌ訪問をしました。先ず1軒目は「Domaine Fourrier」ジュヴレ・シャンベルタン村の人気生産者フーリエですが、ワインは輸出が主なので意外とブルゴーニュよりは日本の方がお目にかかります。(エノテカ以外で見た事無…

Andrew Nielsenさんのワインを試飲。

パリがブルゴーニュ地方ボーヌに移動した次の日は新規のワイン生産者Andrew Nielsenさんのワインを試飲してきました。ボーヌの街中に醸造所があり、新しい造り手という事か表には看板もありませんでした。(あったのかもしれませんが、、。)扉を開けて中に入…

Domaine de la Sourceを訪問。

ニース2日目は朝からチームHANgoûtに連れられて2軒のワイナリー訪問をしました。 2軒目は「Domaine de la Source」1軒目のChâteau de Crémaと比べて、こちらは家族経営の小さなワイナリーです。先ずは建物のすぐ裏にある畑から見学しました。こちらは確かに…

Château de Crématを訪問。

ニース2日目は朝からチームHANgoûtに連れられて2軒のワイナリー訪問をしました。 1軒目は「Château de Crémat」 こちらはAOC Bellet(AOCが今はAOPに呼び名が変わっていると思います。)あまり日本では馴染みの無いAOCで10軒ほどしかないと思います。クレマは…

Etienne Sauzetを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問2日目は3軒のドメーヌを訪問しました。3軒目は「Domaine Etienne Sauzet」ルフレーヴと並んでピュリニー・モンラッシェの2大巨頭がエティエンヌ・ソゼです。2年前にルフレーヴは訪問しているので、これで両方の訪問が出来ました。…

Domaine Philippe Colinを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問2日目は3軒のドメーヌを訪問しました。2軒目は「Domaine Philippe Colin」ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コランが2003年に引退し、ふたりの息子、フィリップとブリュノはそれぞれ独立。(グロ家と同じで別れ過…

Domaine du Comte Armandを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問2日目は3軒のドメーヌを訪問をしました。1軒目は「Domaine Comte Armand」コート・ド・ニュイ」に比べ、どうしてもやや評価が低めの「コート・ド・ボーヌ」の赤ですが、コート・ド・ボーヌにもニュイ のトップクラスに負けない頑…

Domaine Jean Grivotを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問初日は3軒のドメーヌを訪問しました。3軒目は「Domaine Jean Grivot」言わずと知れたヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ、ジャン・グリヴォ。ドメーヌの実質的な運営は息子のエティエンヌ氏が行っています。所有する約14ヘクタール…

Domaine Arnoux-Lachauxを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問初日は3軒のドメーヌを訪問をしました。2軒目は「Domaine Arnoux-Lachaux」「プチDRC」と称され、今や絶大な人気を博すアルヌー家。この地で200年以上続く旧家。先代のロベール氏は1957年に当主になり、一気にドメーヌの名声を高…

Domaine des Lambraysを訪問。

ブルゴーニュのドメーヌ訪問初日は3軒のドメーヌ訪問をしました。1軒目は「Domaine des Lambrays」1935年のAOC制定がされて以来、ブルゴーニュで特級に昇格された畑は稀少です。クロ・デ・ランブレイはまさにそのひとつです。クロ・デ・ランブレイは標高2…

Domaine Alain Graillotを訪問。

クローズ・エルミタージュの「Domaine Alain Graillot(アラン・グライヨ)」を訪問してきました。ボーヌの先輩シェフに「何処か連れてって。」と図々しくお願いしていました。先輩シェフが企画してくれたのがコート・デュ・ローヌでした。1985年にアラン・グ…

Domaine Gros Frère et Sœurを訪問。

この日の訪問先はヴォーヌ・ロマネのこちら。「Gros Frère et Sœur 」ブルゴーニュの偉大なるジャン・グロであり、叔父、叔母のドメーヌを継いだベルナール・グロ氏。今回、訪問するにあたって、名門グロ家家系図を改めて勉強し直すにはよい機会になりました…

Didier Montchovetを訪問。

グラン・ジュール最終日、会場に行く前に前日の晩に一緒に飲んだ方と「Didier Montchovet(ディディエ・モンショヴェ)」を訪問、試飲してきました。Hautes-Côtes de Beaune(オー・コート・ド・ボーヌの奥の方にドメーヌはあります。試飲、案内は奥様が担当。…

Domaine Leflaiveを訪問。

ボーヌ最終日は2件のドメーヌに訪問してきました。 最後の訪問先は「Domaine Leflaive」‼ かつてのルネ・フルーロの区画からつくられるモンラッシェを始めとする4つのグラン・クリュを筆頭にプルミエ・クリュ、ヴィラージュ等併せて22ヘクタールの広さを誇り…

Domaine des Comtes Lafonを訪問。

ボーヌ最終日は2件のドメーヌを訪問しました。 1件目は「Domaine des Comtes Lafon」 僕がワインを好きになったきっかけをくれた思い出深いドメーヌです。 その時のワインは以前にも書いたこのワイン。 「Montrachet 1992」(Domaine des Comtes Lafon) ち…

Domaine Comte Georges de Vogueを訪問。

ムルソー村で用事を済ませた後は、1件のドメーヌ訪問に行ってきました。 訪問先は「Domaine Comte Georges de Vogue」 「2011年は既に瓶詰めしてしまったからMusiny(ミュジニー)しか試飲できないけど?」と言われましたが、ヴォギュエのミュジニーが試飲で…

Domaine Francois Raveneauを訪問。

シャブリと言ってここは絶対外せない、シャブリを代表する造り手。 4件目、最後の訪問先は「Domaine Francois Raveneau」 リリース後すぐに楽しめるシャブリが多い中で、ラヴノーのワインは熟成10年を必要とするワイン。(僕のラヴノーも最低あと4年は寝かせ…

Domaine Pattes Loupを訪問。

シャブリでは4件のドメーヌ訪問をしました。 3件目は「Domaine Pattes Loup(Thomas Pico)」 シャブリというアペラシオンはその名声の高さと世界的な需要の為に、ほとんどの生産者が品質向上を放棄して大量生産を行う怠惰な生産地域だそうです。(コート・…

Domaine Vincent Dauvissatを訪問。

シャブリでは4件のドメーヌ訪問をしてきました。 2件目は「Domaine Vincent Dauvissat」 ドメーヌは1920年、現在の当主ヴァンサン氏の祖父ロベール氏によって設立。元詰めも早く1931年には始めています。父ルネ氏の時代はグラン・クリュ、プルミエ・クリュの…

Domaine Alice et Olivier de Moorを訪問。

食事を終えて午後はドメーヌ訪問。 4時間で4件という強硬スケジュールをこなしていきました。 まず1件目は「Alice et Olivier de Moor」 今、注目の30代の若い生産者で、有機栽培に拘って素晴らしい自然派ワインを生産しています。 案内をしてくれたのはアリ…

Domaine Arlaudを訪問。

先日、1日で4件のドメーヌ訪問をしてきました。 4件目、最後は「Domaine Arlaud」 1998年に現在の若き当主シプリアン・アルロー氏がドメーヌの運営を始めてから頭角を現した新進ドメーヌです。父親のエルヴェ氏が70年代よりドメーヌの元詰を開始。徐々に畑を…

Domaine Dujacを訪問。

先日、1日で4件のドメーヌ訪問をしてきました。 3件目は「Domaine Dujac」 ドメーヌ・デュジャックがこんなにも注目されるようになったのは、それまでジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニーに挟まれて見落とされてきていたモレ・サン・ドニを…

Domaine A.Rousseauを訪問。

先日、1日で4件のドメーヌ訪問をしてきました。 2件目は「Domaine A.Rousseau」 G.Roumierの次がここというのもどうかしていると思いますが、、。 総面積14ヘクタールの半分以上の8ヘクタールをグラン・クリュが占め、残りも3ヘクタールがプルミエ・クリュと…

Domaine G.Roumierを訪問。

先日、1日で4件のドメーヌ訪問をしてきました。 1件目は「Domaine G.Roumier」 ブルゴーニュの中でも特に希少で人気のある筆頭の生産者。日本ではワイン漫画「神の雫」の第1の使徒に彼のワインが選ばれています。 1924年に現当主のクリストフ氏の祖父にあた…